産業用無人ヘリ業務

産業用無人ヘリ業務

産業用大型無人ヘリコプターによる農薬の空中散布

YSファクトリーでは、産業用大型無人ヘリコプターを使用した空中農薬散布業務を行っております。
超低空で飛行でき小型軽量で小回りがきくため、周囲への影響が少なく、短時間で効率のよい農薬散布が可能です。
(水稲の場合1機1日当り3人程度で10~30ヘクタールの散布作業が可能)

近隣への出張での散布も承っております。
空中散布に関することはお気軽にご相談ください。

 

散布準備

小型・軽量といっても、そこは「産業用大型無人ヘリ」ですから、はじめてご覧になる方は皆さんはちょっと驚かれます。
何しろ搭載重量も24kg!普通の子供なら持ち上がる計算です。
勝手に国外にもちだせば確実にココム違反。
250ccのスクーターが空を飛ぶ感じです。
運搬車から降ろすのも二人がかりです。

適応作物

左右24リットルのタンクに薬剤が入っています。
散布ノズルは片側二カ所ずつ、計4ヵ所ついてます。
3mちょっとのローター(プロペラ)の直径内に散布するので、不用意に薬剤が飛び散らず非常に安全に農薬の散布がおこなえます。

ページトップ

適応作物

現在無人ヘリの利用で農薬散布・播種などができる適応作物は以下の全15作物です。
水稲、麦類(小麦含む)、だいず、あずき、だいこん、れんこん、たまねぎ、しょうが、キャベツ、くり、かんきつ(みかん)、さとうきび、アスパラガス、やまのいも、まつ(生立木)、ばれいしょ、日本芝、かんしょ、てんさいとうもろこし。
詳しくは農林水産省のホームページをご覧ください。

農林水産省のホームページ:http://www.maff.go.jp/

作業終了

連続航行時間はおよそ1時間ほどですが、10ヘクタールほどを散布し終えました。
6分で1ヘクタールの計算です。
天候等の様々な条件によって異なりますが、燃料補給や移動・準備の時間を合わせると1日でおよそ30ヘクタール以上の作業を行えます。

ページトップ

【ご注意】以下の条件にあてはまるときには農薬散布が不可能な場合がありますのでご注意ください。

  • ・有視界での操作が困難であると判断した場合
  • ・雨・強風等、天候が飛行・散布に適さない場合
  • ・繁華街や住宅密集地、交通量の多い道路に隣接する田畑への農薬散布
  • ・送電線、高圧線、発電所、変電所等へ隣接する田畑への農薬散布
  • ・農薬散布時、周辺住民の方にご迷惑をかけるおそれがある場合
  • ・その他弊社スタッフが危険であると判断した場合、
    法例で定められていない薬品の場合にも散布のご依頼をお断りすることがございます。