空撮業務

空撮業務

無人ヘリによる特殊空中撮影

YSファクトリーでは、産業用無人ヘリコプターとデジタルスチルカメラを使用して、有人のヘリでは飛行が不可能な地域や低空での撮影サービスをおこなっております。
土木・道路工事や建築現場での記録撮影、河川などの環境調査や遺跡発掘現場での調査、会社や学校などの全景撮影などさまざまなシーンでご利用いただいております。
モニタリングしながらの微細なご注文にもお応えできますので、お気軽にご相談ください。

 

産業用無人ヘリ

搭載重量10kgの無人ヘリで撮影機材を上空に運びます。
モニターを通じて地上で確認しながらの撮影となるため非常に効率的です。
10m四方のスペースで離着陸できるため、有人機では不可能な低空での山間部や河川などの上空、橋の近くなどでの撮影、地盤が不安定でクレーンなどが入れないような場所での撮影などに威力を発揮します。まさに「鳥の目線」でイメージを追えるのが、無人ヘリ撮影の特徴です。

デジタルスチルカメラ・使用機材

弊社の無人ヘリコプターは、水平安定飛行に優れた「京商」製の「キャリバー」です。
混信等の心配のない非常に安心度の高い無人機です。
カメラは無振動装置に自動水平機能付きの稼動マウントに搭載。
ブレの少ない美しい撮影が可能です。

ページトップ

撮影

通常ラジコンヘリ空撮は2名1チームで行います。1名がヘリを操縦、もう1名がヘリからのビデオカメラの映像を地上のモニターで確認しながら、カメラを操作してシャッターを切ります。
低コストで、土木・建設現場の記録撮影や環境・遺跡などの調査撮影、実機で撮影困難な場所などでの映像素材の撮影が可能です。

ページトップ

【ご注意】以下の条件にあてはまるときには撮影が不可能な場合がありますのでご注意ください。

  • ・有視界での操作が困難であると判断した場合
  • ・繁華街や住宅密集地、交通量の多い道路や鉄道の真上での空中撮影
  • ・送電線、高圧線、発電所、変電所等へ接近しての空中撮影
  • ・撮影時周辺住民の方にご迷惑をかけるおそれがある場合
  • ・その他弊社スタッフが危険であると判断した場合、公序良俗に反したご依頼や、
    法に抵触する恐れのある場合にも撮影依頼をお断りすることがございます。